LINE友達登録でフランス主要音楽院リストをプレゼント!

【フランス家賃最新版】地方と都会で広がる格差!都市別家賃ランキング

フランスに音楽留学する際の滞在費に大きく影響する、お家の家賃。

日本でも都会と地方で家賃が違うように、フランスも都会のパリと地方では家賃が異なります。

留学に必要な資金について計算するためにも、現在の家賃事情はぜひ押さえておいてほしいポイントです。

今回は、ここ数年の物価上昇や円安の影響で、家賃が一体いくらになっているのか?

最新のデータに基づく情報をお届けします!

1€あたりの日本円はこの記事を執筆した2023年9月現在の金額1€=157円で計算しています

目次

2022年のフランスの家賃上昇率は6.4%!

フランス国内の学生を対象にUNEF (フランス全国学生連盟)が2022年に実施したアンケートによると、2021年と比べて家賃平均は、なんと6.4%も高くなっているそう。

一体どこまで家賃が上がってしまったのでしょうか?

特に高かった都市をピックアップしてご紹介します。

学生向けアパートのフランス都市別家賃

まず、フランス国内で一番家賃が高いのは、もちろんパリ市内

新規で入居する、一人暮らし向けアパートの平均価格はなんと862€(日本円で約13万6,000円)という結果に。

そして、2位はパリ近郊で、650-720€(日本円で約10万3,000〜11万3,000円)

やはりパリ市内、近郊で一人暮らしは高いですね!

3位からは以下の通りです。

Nice       629€(≒10万円)
Lyon / Bordeaux  596€(≒9万4000円)
Aix-en-Provence  574€(≒9万円)
Marseille      530€(≒8万3000円)
Montpellier   517€(≒8万1500円)
Lille       507€(≒8万円)
Strasbourg  506€(≒8万円)
Toulouse    492€(≒7万7000円)

このデータはあくまで平均値ですが、パリと地方の差は歴然!

ここに載っていない都市はもっと家賃が安いということなので、現在パリ市内の家賃は地方都市の約1.5 – 2倍という結果に。

家賃を抑えるためには?

こんなに高い家賃は払えない…!という声が聞こえてきますが、フランスにはCAF(La Caisse d’Allocations Familiales)という機関があり、学生向け家賃補助(APL=Les aides personnelles au logement)を行なっています。

条件を満たせば、毎月100〜300€ほど支給されるんです。

部屋の広さ所得によって、もらえる金額は変わりますが、とてもありがたい制度ですよね。

所得については前年度の確定申告のデータが、自動的にCAFに反映されます。

確定申告については、こちらの記事をお読みください!

また、学生寮を申請したり、ルームシェアをしたりすれば、もちろんその分安くなります。

家探しは難しいと思いますが、これを読んでいる皆さんが良い物件に巡り会えますように!

インスタグラムで情報発信中!

Music discoveryのインスタグラムでは、様々な情報を定期的に発信しています!

皆さんの質問にお答えするインスタライブも行っていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次