LINE友達登録でフランス主要音楽院リストをプレゼント!

音楽留学中で損をしたくない人は必見!フランスでの確定申告について

フランスの公立音楽院の学費は世帯収入によって決まるのですが、学費の計算には確定申告の書類提出が必須となってきます。

実は、書類の意味がわからずに親の収入を翻訳して提出する学生さんも多いのですが、その方法、大きな損をしています!

もちろん、留学生も例外ではありません!

では、働いていない留学生の場合、どうやって世帯収入を証明したらいいのでしょうか?

その答えは、確定申告によって、収入がないという証明をすることです。

今回は、フランスの確定申告について、簡単にお話しします。

フランスに半年以上滞在予定の方今日の投稿は必見です!

あわせて読みたい
【2024年最新情報】フランスの音楽院の学費はいくら? 日本よりもはるかに安いと言われるフランス音楽院の学費。皆さんは年間いくらかかるかご存知でしょうか? 音楽院の種類によっても、少しずつ値段や仕組みが違うので、希...
目次

留学生のためのフランスの確定申告とは?

フランス語で確定申告は、déclaration d’impôt(デクララシオン ダンポ=税金の申告)と言います。

フランスに6ヶ月以上滞在する場合、日本とは違って、固定給のある会社員や、収入がない学生(18歳以上)も、確定申告をしなければなりません。

ここでは、初めて確定申告をする留学生を想定して、順にご説明します!

確定申告に必要な納税個人番号を取得しよう

まず、確定申告をする場合に必要なのが Numéro fiscal という個人番号の取得と、オンラインアカウントの作成です。

今はフランス税務署の公式サイトで手続きができるので、税務署に行く必要もありません。

https://www.impots.gouv.fr/accueil

この個人番号の取得に時間がかかる場合もありますが、辛抱強く待ちましょう!

初めて確定申告をする方法

番号を受け取ったら 4〜6月の確定申告の時期に、前年度の所得を記入します。

※その時期にまだフランスにいなかった場合、または働いていない場合は、全てゼロで記入!

書類は全てネット上からダウンロードできるので、必要事項を記入して、自分の住む地区の税務署直接提出か、メールに添付または郵送します。

初めての申告が受理されると、自分のアカウントに反映されるので、証明書も手に入るようになりますよ!

翌年度から確定申告をする際は?

一度番号を登録すると、翌年からは、働いた場合の給料明細から、所得が自動的に計算され、情報が蓄積されます。

そして確定申告の時期になると自動的に通知が来て、すでに計算された所得のデータが、自分のアカウントに反映されます。

そこで数字に間違いがなければ、何もしなくてOK!

一度手続き、登録をしてしまえば、とっても楽ですよね!

※これは学生ビザで滞在している場合なので、他のビザで働いている方はご自身で調べてみてください。

確定申告の証明が必要な場合は?

この確定申告の書類は、フランスに数年間生活していると、必ずどこかで提出が求められます。

公立音楽院の学費請求だけでなく、フランスの奨学金に応募する場合や、学生ビザから他のビザ (アーティストビザや就労ビザ等) に切り替える場合など…

いつ必要になるか分からない方でも、いざ提出しなければいけなくなった時に困らないためにも、なるべく早めに準備することをおすすめします!

学生向け確定申告のサイト

また、下記のサイト(フランス政府公式 学生生活ホームページ)では、学生に特化した確定申告の方法を説明してくれています!

http://etudiant.gouv.fr

Accueil (ホーム画面) ▶︎メニュー ▶︎Vous conseiller et accompagner ▶︎Impôt sur le revenu : le cas des étudiants  この順に進むと、学生用確定申告のページにアクセス出来ます。

インスタグラムで情報発信中!

Music Discoveryのインスタグラムでは、様々な情報を定期的に発信しています!

皆さんの質問にお答えするインスタライブも行っていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次