LINE友達登録でフランス主要音楽院リストをプレゼント!

子どもから大人、フランス人や留学生たちに、音楽の豊かさを伝える|クラリネット奏者・パリ6区音楽院、ムードン県立音楽院教授ーオリヴィエ・ピエール=ヴェルニョ

皆さんこんにちは!アドバイザーの袴田美帆です。

今回皆さんにご紹介するのは、パリ6区音楽院・ムードン県立音楽院のクラリネット教授、オリヴィエ・ピエール=ヴェルニョ先生です。

これまでに、多くの日本人生徒も迎えていらっしゃるオリヴィエ先生。

先生がレッスンで大切にされていることや、フランスのクラリネット教育のリアルなど、皆さんが気になる情報をたっぷりとお届けします。

明るく優しいお人柄があふれる、オリヴィエ先生のインタビューをお楽しみください!

オリヴィエ・ピエール=ヴェルニョ Olivier Pierre-Vergnaud
パリ国立高等音楽院クラリネット科ミシェル・アリニョン氏のクラスを、最優秀の成績で卒業。現在、パリ6区音楽院とムードン県立音楽院教授で教鞭をとる傍ら、パリ・オペラ座管弦楽団、ルーアン・オペラ座管弦楽団、オーヴェルニュ管弦楽団をはじめとする、主要オーケストラで定期的に演奏。また、室内楽や現代音楽の創作現場でも積極的に活動している。また、幼い頃から教育に興味を持っており、世界各地でのマスタークラスや夏期講習会、国際音楽フェスティバルなどにも毎年参加。

目次

パリ6区音楽院とムードン県立音楽院

アドバイザー袴田と、パリ6区音楽院にて

袴田:先生、お久しぶりです!またお会いできてとても光栄です。

オリヴィエ:そうですね。美帆さんが6区にいたとき、いつもピンクのアナログ式メトロノームを使って練習していたのを覚えていますよ!

袴田:ああ、懐かしいです!私のニックネームのように呼んでいただいていましたね(笑)

コンクールやパリ国立高等音楽院の受験の際も、応援していただけて嬉しかったです。その節はありがとうございました!

先生は、パリ6区音楽院とムードン県立音楽院で教えていらっしゃるとのことですが、2つの音楽院で何か違いはありますか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次