LINE友達登録でフランス主要音楽院リストをプレゼント!

【図解】フランスの音楽院と日本の音大の違いは?特徴を分かりやすく解説!

フランスに音楽留学をしたい!と思ったけど、日本の音楽大学(以下:音大)との違いが分からない!という方もいるのではないでしょうか?

フランス語で書かれたサイトを検索することも出来ますが、周りにフランスの音楽院について詳しい人や留学経験者の方がいない場合、なかなか的確な情報を入手出来なくて不安になりますよね。

今回は、フランスの音楽院について分かりやすく解説します!

目次

フランスの音楽院は日本の音大と一緒?

clear glass museum during golden hour

まず、フランスの音楽院は日本の音大と同じなんでしょうか?

結論から言うと、フランスのほとんどの音楽院は日本の大学と同じではありません。

一部の音楽院のみが日本の大学と同等の高等教育機関となっています。

そもそも音楽院とは?

音楽院(Conservatoire コンセルヴァトワール)は、音楽、ダンス、演劇を専門とする公の教育機関

なんと、フランス 国内に約500校もあるんです!

フランスの音楽院の目的は、音楽・ダンス・演劇における公教育を全国規模で強化すること。

全ての人に、質の高い専門的な芸術教育が受けられることを保証し、豊かな人材育成を目指します。

また、芸術系の高等教育機関へ進むような人材輩出も促進します。(フランス文化省公式サイトより)

フランス国内の音楽院は、国立高等音楽院、公立音楽院 (地方・県立・地方圏立・区立ほか)等、管轄ごとに種類が分かれています。 ポイントは、 生徒のほとんどが習い事として通っている「子どもたち」 だということ!

音楽大学に相当するのはパリとリヨンの国立高等音楽院2校のみ

それ以外の音楽院では一部の限られた「課程」のみでプロを目指す専門教育が 行われています。

では、その「課程」とは一体何でしょうか?

音楽院の課程 (Cycle) について

音楽院は、子ども初心者の第1課程から音大レベルの専門課程まで、レベルごとに課程が分かれています。

それぞれの課程では、楽器のレッスンの他にソルフェージュやアンサンブルなども必須で、国で統一されたカリキュラムが組まれています。

また、入学時、学年末、課程終了時には、その都度試験(コンクール=Concours)を受けなければなりません。
音楽院の仕組みは以下の通り。

国立高等音楽院

パリとリヨンの2箇所にある、国内最高峰の国立音楽大学。学士課程、修士課程、博士課程、教員養成課程等の資格が取得可能。パリ・リヨンともに舞踏科も併設、ダンサーやバレエダンサーの養成機関としても名高い学校です。

地方音楽院

フランスには、約380もの地方音楽院(県立等も含む)が全国にあります。子供たちが通うクラス、プロを目指すクラス、大人の習い事クラスまでレベルは様々。2020年から地方音楽院と大学が提携し、国家演奏家資格や学士号、修士号等を取得できるようになった高等音楽院(国立指定高等音楽院)も10校うまれています。

私立の音楽院(パリ・エコールノルマル音楽院、スコラ・カントルムなど)

国公立音楽院の学費が1年で1000ユーロ(約15万円)以下なのに対し、私立音楽院では3000-7000ユーロ(約45-105万円)以上かかってきます。

最近ではオンラインで選考・入学手続きを行うこともできるので、日本にいながら簡単に登録できます。

また、私立音楽院には定年退職の制度がないので、他の音楽院退職後の有名な先生が、私立音楽院で教えていらっしゃることも多いです。

師事したい先生が、私立音楽院でしか教えていない場合もあるので、迷われている方は一度ご相談ください。

これは、パリとリヨンの国立高等音楽院以外の全ての音楽院で統一されているシステムです。

「プロを目指す課程」は 音楽院全体のごく一部で あることがわかりますね。

音楽院に入学する生徒は、全ての「過程」において、専攻楽器・音楽理論・集団演奏の3つを習得できるよう、カリキュラムが組まれています。

音楽院では子どもの頃から実力重視の世界

課程の進み方は人それぞれで、飛び級や留年も当たり前!

そしてなんとも厳しいことに、期間内に課程を合格しなければ 途中でやめなければならない!ということもあるんです。

音楽院は定員が決まっていて、入りたくても入れない人が沢山います。

つまり「しばらく続けて上手くいかない人は、他の人に席を譲ってくださいね」 ということ。 フランスらしい 実力主義の世界です。

フランスの主要音楽院リストをプレゼント!


今なら、Music discoverynの公式LINEアカウントで、これらを集めたフランスの主要音楽院リストをお配りしています。

全45校の音楽院の名前、Webサイトを載せてありますので、留学先の参考にして頂けたら嬉しいです!

あなたにぴったりの音楽院はどうやって選べばいいの?

フランスにたくさんの音楽院があることは分かったけど、自分に合った音楽院はどうやって見つけたらいいの??と思ったあなた!

そんな方には、フランス音楽留学の専門家であるMusic discoveryの無料カウンセリングがおすすめです!

無料カウンセリングでは、あなたの希望のキャリアプランにあった音楽院や先生を見つけるために、丁寧にお話を聞かせていただいています。

ぜひ公式LINEアカウントからお気軽にお申し込みください。

あわせて読みたい
【音楽留学に役立つ】オンラインフランス語レッスンをリリースしました! フランスへの留学が決まったけど、レッスンや日常会話で使うフランス語に不安があるという方は多いのではないでしょうか?このたびMusic discoveryでは、新サービスとし...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次