LINE友達登録でフランス主要音楽院リストをプレゼント!

【LINEお友達追加特典】音楽院探しに役立つフランス語 – 6選!

Music discoveryでは、公式LINEを登録してくださった皆さまに 「フランス主要音楽院リスト」をプレゼント中!

このリストには、45校のフランス音楽院の名前と公式ホームページのリンクがまとめてあります。

でも、いざリストを使って各音楽院のホームページを見ても、どこを見たらいいかわからない… という方はいませんか?

今回は、ホームページを見て情報収集するときに役立つフランス語を6つご紹介します!

目次

学校を調べるときに役立つ単語3つ

1. Disciplines

Disciplines (ディシプリーヌ) = 学科

まず、その音楽院に自分の専攻があるかどうか確認するときには「学科」を表す Disciplineという単語を探しましょう!

弦楽器やピアノ科は、ほぼ全ての音楽院にありますが、管楽器やその他マイナー楽器、音楽理論系は、学科にない場合もあります。

気になる方は、まずサイトの Disciplinesの欄を確認してみてください!

※他に、Formation (教育) / Enseignement (教育) / Cursus (カリキュラム) という単語を使う音楽院もあります!

2. Enseignants

Enseignants (アンセニョン) = 教師陣

「教師」を意味する単語 Enseignantに、複数形の s がつき「教師陣」を表す意味になります。

専攻科のページの続きに書かれていることもあれば 「Enseignants」だけ独立してまとめられていることもあります。

※先生の情報は他にも:Professeurs(教授、先生 )/ L’équipe pédagogique(教育チーム)などの言葉が使われることも多いです!

3. Concours d’entrée

Concours d’entrée (コンクール ドントレ) = 入学試験

直訳すると「入学するためのコンクール」

この単語を見かけたら、入試情報が載っているという印です!

自分が習いたい先生が見つかったら、入試情報をチェックしましょう。

特に年齢制限 (Limite d’âge) の確認はお早めに!

※他にも:Admission(s) (入学許可) / Examen(s) (試験) などの表現で書かれていることもあります!

あわせて読みたい
【音楽留学に役立つ】オンラインフランス語レッスンをリリースしました! フランスへの留学が決まったけど、レッスンや日常会話で使うフランス語に不安があるという方は多いのではないでしょうか?このたびMusic discoveryでは、新サービスとし...

学費を調べるときに役立つ単語3つ

1. Tarifs

Tarifs (タリフ)= 料金

まず「料金」を意味するTarif。

こちらの投稿でお話ししたように、フランスの学校では、世帯収入によって学費が決まることが多いため、料金が体系化されています。

そんな体系化された料金を示すときに使われるのがこのTarifsです。

※人によって学費が異なるため複数形のsがついています。

2. Frais

Frais(フレ)=料金

次にご紹介するFraisも、同じく「料金」を表す言葉です。

1のTarifとの違いは、料金が一律であること。

例えば、国立高等音楽院の学費は全員一律となっているので、学費を示すページにはTarifsではなくFraisが使われています。

※その他、受験料や登録料、楽器貸出費など、料金が固定されている場合も、Frais de 〜という言い方をします。

3. Bourse

Bourse(ブルス)=奨学金

続いてご紹介するのは 「奨学金」を意味するBourse。

音楽院によっては、学内の奨学金を提供している場合があります。

Bourseという単語を見つけたら、そのページは要チェックです!

気になる方は、各音楽院のサイトでBourseと検索してみてください。

「奨学生」はBoursier (男性) Boursière (女性)と言います。

※奨学金は他に、Aide(より広い意味で、支援) という言葉で表現されることもあります。

日本の奨学金情報はこちらから

留学したいけれど、留学資金が不安・・・という方。

日本からでも申し込める、給付型の奨学金にチェレンジしてみてはいかがでしょうか?

Music discoveryでも奨学金情報を掲載しているので、是非こちらの記事を参考にしてみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次