LINE友達登録でフランス主要音楽院リストをプレゼント!

【海外留学・奨学金申請・アルバイトに活用可能】初心者でも分かる志望動機書(モチベーションレター)の書き方

海外での大学院受験や職探しで欠かせない、モチベーションレター。

現在留学している人や、留学を予定している人でも

「そもそもモチベーションレターって何?」
「急にモチベーションレターが必要になったけど、書き方がわからない」
「現在作成中だが、とても苦戦している」

と、モチベーションレターの作成に、不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

この投稿では、そんな皆さんのために「初心者でもわかるモチベーションレターの書き方」を、簡単にご説明します。

目次

音楽留学でもモチベーションレターが必要

音楽留学でもモチベーションレターが必要なの?と思う方もいるかもしれませんが、奨学金・助成金の申請をはじめ、高等教育機関に出願するときや、留学中に何らかの仕事(アルバイト)に応募するときなど、急に必要になるときが多々あるんです。

なので、音楽留学の皆さんも、モチベーションレターの基礎知識は必要です!

いざ必要になったときに慌てないよう、早めに準備しておきましょう。

モチベーションレターで必ず押さえておくべき4つのポイント

「モチベーションレターの書き方がわからない」という方も、「書いたことはあるけれど正しい書き方だったのかわからない」という方も、書き方の基本さえ押さえていれば、全体の構成は出来上がります。

モチベーションレターに必ず書かなければならない内容は基本的に以下の4点です。

  1. なぜここに応募したのか?
  2. 今までどのような経験をしてきたのか?
  3. ここで具体的にどんな経験をしたいか?
  4. それが自分の将来にどう繋がるのか?

この4点が端的かつ明快に記載され「募集先が求めている人物像と一致している」と伝えることが、モチベーションレターの基本。

出願先の大学にもよりますが、基本的には「A4 1ページ」と指示されることが多いので、とにかく簡潔に書かなければなりません。

難しく書かなければいけないのかな?と思いがちですが、ダラダラ書くのは絶対ダメです。

要点が伝わるようにできるだけわかりやすく、具体的に書くことを心がけましょう!

目的別!4つの基本を整理

ここでは、先ほどお話ししたモチベーションレターの基本4点を、学校への出願 / 奨学金・助成金の申請 / 仕事(アルバイト)の応募、3つに分けて、何を書けばいいのか一緒に考えていきましょう。

1. なぜここに応募したのか?

学校の場合:何に興味があるのか?この学部を志したきっかけは?
奨学金・助成金の場合:どうして奨学金が必要なのか?ここに申請する理由は?
仕事(アルバイト)の場合:どうしてこの職種を希望するのか?興味を持ったきっかけは?

2. いままでどのような経験をしてきたのか?

学校の場合:今まで力を入れた研究内容や、研究成果、そして現在も継続している研究について。
奨学金・助成金の場合:奨学金がないときにどんな活動をしてきたか?
仕事(アルバイト)の場合:今まで残した実績や、自分が得意とすることは何か?

3. ここで具体的にどんな経験をしたいか?

学校の場合:どの教授の、どの教科に興味があるか?具体的な研究計画はあるか?
奨学金・助成金の場合:いつ、どこで、どんな活動をしようとしているのか?それが実現する根拠はあるか?
仕事(アルバイト)の場合:今までの経験と、どう繋がっているのか?その経験をもとに、新たな環境で自分に何ができるのか?


4. それが自分の将来にどう繋がるのか?

学校の場合:どんな研究成果が期待されるか?そして自分のキャリアにどう繋がっていくのか?
奨学金・助成金の場合:自分の活動が、どのように発展していくのか?そしてそれは、誰のために・どう役に立つのか?
仕事(アルバイト)の場合:どんな成果が期待できて、会社にはどんな貢献ができるのか?

モチベーションレターを書くために必要な情報

モチベーションレターを書く際には、自分自身の情報と、志望先の情報をしっかりまとめて、よく理解しておく必要があります。

なぜなら、いくら自分にとって「良いモチベーションレター」が完成しても、志望先が求めている人材と一致していなければ審査に通らないからです。

基本の4点を考えるときは、必ず自分の書いていることが、志望先の情報と一致しているか、常にチェックするようにしましょう!

VISA申請にもモチベーションレターが必要?

結論から言うと、学生VISAの申請には1,500文字以内(※単語数で5-600語程度)のモチベーションレターが必要です。(交換留学を除く)

一般的なモチベーションレターよりは文字数が少なめですが、形式は同じように書かなければいけません。

これまで読んでいただいた基本のポイント4つに当てはめるとこのような形になります。

  • なぜその教育機関を選んだのか
  • 日本の大学(高校)で学んだ事
  • 今までの経験を通して、これからフランスで学びたい事
  • 留学後の計画

文字数が少ないと、話が抽象的になりがちですが、ここでもできるだけ具体的に書くことを意識しましょう!

モチベーションレター作成はMusic discoveryにおまかせ!

モチベーションレターは、書き方がある程度決まっているとはいえ、自分の経験や今後の目標を簡潔にまとめるのは難しいですよね。

Music discoveryのサービスでは、一人ひとりの経験や今後の目標に合わせたモチベーションレターを、経験豊富なアドバイザーと一緒に作成することができます!

志望動機書 / Motivation letter作成 (日仏)サービス:77,000円
・志望動機書の書き方マニュアル提供 
・日本語版の志望動機書添削、フランス語翻訳 
・追加カウンセリング45分 
・Motivation letter作成
※学生ビザの申請に必要なキャンパスフランスの登録にも活用できます

無料カウンセリング+追加のカウンセリングでしっかりとヒアリングをするため、ご自身の経験と今後の目標が明確になった状態で、モチベーションレターを作成することができます。

気になる方は、お気軽にLINEからお問い合わせくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次